専業主夫志望の男が一年間育休をとってみた

専業主夫を目指す男が育休取得を機にプレパパから専業主夫へなるまでの道のりを記す記録。

専業主夫の育休最終日です

ご無沙汰しております、日本のカリフォルニアこと浜松でひっそり主夫をしているものです。

約1年半の育休生活も、残すところ本日が最後となってしまいました。

 

だらだらと書いたり書かなかったりの育休中のブログでしたが、

職場復帰後は時短勤務の主夫ブログになる予定です。

時間がないからこそ短時間で記事を仕上げる、を目標により一層精進していきたいと思います。

 

さて本題の育休最終日に思うことですが、正直「あ〜、次の月曜からは会社に行くんだな〜」ぐらいにしか思っておらず、危機感にややかける感じがします。

今週は慣らし保育をしつつ自分が復帰した後の朝夕の動きをシミュレーションする期間でした。

朝は6時半に起きて朝食の準備〜保育園登園〜空いた時間に作業・家事〜

お昼にお迎え〜午後遊び〜夕飯準備〜入浴・寝かしつけと、

息子と2人っきりの時よりは少し余裕のある毎日でした。

しかし、車の送り迎えが思ったよりもストレス、洗濯や掃除・買い物のタイミングが今までと異なることへのストレスなどなど、やはり今までの生活リズムと違うことをやるとすぐにしんどくなりますね。

これも復帰してしばらく回していけばだんだんと慣れていくのかな…。

 

育休を取って家事・育児をしていく中で、会社で働いているだけでは見えなかったこと、

知りえなかったことがこんなにもたくさんあるんだなぁと気づかされました。

「1年もの育休を取っている専業主夫」ということで各メディアの皆様には面白がられ、

テレビに出たり新聞に載ったりラジオに出演したりブログに載ったりと、

いろんな人に知っていただく機会をいただきました。

おかげさまで様々なフィールドで活躍している人たちと知り合え、

面白い話をたくさん聞いたりイベントに出たりと貴重な体験をすることができました。

浜松の子育てNPOさんからは今でも声をかけていただけ、先日はなんと市長とお話しする機会もありました。 

 

浜松では地域の子育てサロンリトミック音楽教室ベビースイミングに男単身乗り込んで驚かれたりもしました。

予防接種でいつもお世話になる小児科のおじさん先生に至っては、

「今日はお母さんどうしたの?」と毎回言われ何度心くじけそうになったことか。

ママ友できずに一人ぼっちの育児に泣きそうになったこともありました。

児童手当の受給手続きに行くと「普通は(収入の多い)ご主人の方を受給者にするんですけどね〜」なんて嫌味を言われることもありました。(妻の方が収入の多い夫で悪かったな!)

親子広場に参加していると「いいパパですね〜」「奥様羨ましい〜」と言われてヤキモキすることもありました。

その他、ベビースイミングの体験に行くと男性更衣室にはベビーベッドがないから

パパ一人でのベビースイミング参加は想定してませんとか、

男子トイレにはベビーベッドなくてオムツ替え大変だったとか、

授乳室には入れないからオムツ替えスペースでミルクあげたりとか。

男の育児にはまだまだ困難が付きまといます。

 

それでも地域のおじちゃんおばちゃんからは散歩してると声かけてもらえるし、

消防隊のお兄さんは消防車に乗せてくれるし、お店では店員さんに優しくしてもらるし、よくしてもらえることもたくさんありました。

育休後半には主夫友やママ友ができて息子を一緒に遊ばせる機会があって、

この歳になっても友達ができるもんだなぁと嬉しく思ったりもしました。

妻からは「最近たくさん話してくれるようになったし、初めて会った人とも臆することなく話せるようになった。引っ込み思案が解消されたんじゃない?」と評価をいただきました。

コミュ障が改善されたのは紛れもなく子育てしていたおかげですね。

家事育児をずーっとやっていたおかげで、自分の中に自信の持てる軸ができたというか。

家事育児をこれからもライフワークとしてより深めていきたいなと。

 

仕事に戻っても主夫であることは忘れずに日々を過ごしていきたいですね。

仕事も大事だけど、何より家族の幸せが最優先。

息子には色々な世界を見せてあげられるようなパパになりたいです。

頑張るぞーっ!

イヤイヤ期が始まりました

ただの散歩に今までの倍かかり、

買い物に行くとベビーカーから下ろせと言われておろしたらどっかすぐ消えるし、

好き嫌いは激しいしかんしゃく起こすし、

眠いのにベビーカー乗せると怒るし、

本当に聞いてた通りのイヤイヤっぷり!

 

先輩ママからはひたすら心を無にすること、

なるべく心に余裕をもたせて接してあげること等々アドバイスもらったけど、それを実践することのなんと難しいことか…

 

いよいよ来月には職場復帰だから、働きながらこのイヤイヤ期をどう乗り切るか考えないとなぁ。

 

家事も育児も勉強も色々とこなしたいけど、全部ちゃんとやろうとするとできないことにストレスを感じてしまうから、ほどほどにやっていくことの難しさよ。

続けるということは難しい

ブログを毎日書こうと思っていても、子育てしてると買い物だママ友と会うだシーズンのイベントに息子を連れてくだ習い事のスイミングだとあっという間に夕方になり、夕飯~お風呂~寝かしつけ~そのまま睡眠とあっという間に1日が終わってしまう。

 

寝かしつけしてお風呂に入った後はほとんど体力が残ってなくて、とても記事書こうなんて気力が残らない、最近。

 

夏バテのせいもあるけれど、息子の嫌々期が少し始まってて、ご飯も好き嫌いが激しくなってきたし、お散歩も寄り道ばかりだし、一昔前よりもしんどさが格段にアップしているのを感じる…

 

我が家は好き嫌いの激しい家族が二人もいるから、それぞれの嫌いな食材を外して、息子が食べやすいように調理して…なんて考えてたら晩御飯シンドロームになってしまった。

献立考えるのが本当にしんどい。

 

また明日はやってくる。

最近主夫として成長したなと感じたこと

暑いですね、いよいよ明日から八月。
復職までちょうど1ヶ月となりました。
 
1年半近くに渡る育休も終わりが見えてきたので、これからは色々振り返っていこうと思います。
 
まずは最近感じたことをつらつら
1.ママ友グループに入れてもらえることが増えたこと
2.近所で声かけられることが多くなったこと
3.息子が小さい時と比べて成長したねと覚えてくれてる人がいること
4.ファミサポ事務局に電話する時いつもの◯◯さんという対応になったこと
5.家事の力の抜きどころがわかったこと
 
1.ママ友グループに入れてもらえることが増えたこと
最近転入者ファミリーの交流会や音楽教室で連絡先交換する機会があったんだけど、
今までだったら怖くて「連絡先交換しませんか?」なんて言えなかった。
それが育休を折り返したあたりから、臆せず聞けるようになった。
自分がどうこうということではなく、このまま子育てネットワークの外にいながら息子を育てることに不安がよぎったから。
息子と近い月齢の子どもたちと遊ばせるなんて、保育園にでも入れない限り難しいだろうし、転勤族の自分たちにとって幼馴染がいないことは寂しいだろうなと思ったからだ。
月齢の近い子どもを持つママ友とは悩みだったり心配事を気軽に相談できるし、息子がこれから経験するようなことをすでに経験していれば、前もって対策を聞くことができる。
男の人は不安だとか問題をあまり周りと共有しないことが多いけど、子どもができたらなりふり構わず子育てネットワークを構築すべきだ。
 
2.近所で声かけられることが多くなったこと
ママ友の情報ネットワークは予想以上に広大だ。
ママ友・ママ友のママ友と繋がれば大体の人に認知してもらえる(これは主夫だからかもしれないけど)。
ある日初めて行った保育園の親子広場で、初めて会ったお母さんから「◯◯くんのお父さんですか?××さんと知り合いで、お父さんのこと聞いてました」なんて調子だ。
 
3.息子が小さい時と比べて成長したねと覚えてくれてる人がいること
一年も子育てをしていると、いつもの散歩道ができてくる。
いつもの道をいつもの時間に散歩していると、大体いつも同じ人と出会う。
おじいちゃんやおばあちゃんが「もうこんなにしっかり歩けるようになったのね」「いつもお散歩に出て頑張ってるの見てたわよ」なんて風に声かけてくれる。
ほんのちょっとした言葉だけど、自分は1人じゃないんだ、いつも気にかけてくれる人がいるんだと思えることが、安心感に繋がる。
 
4.ファミサポ事務局に電話する時いつもの◯◯さんという対応になったこと
我が家はほぼ毎週末ブラスバンドの練習に行くために、ファミリーサポートを使って息子を預けている。
事務局に連絡するのはいつも僕で(平日昼しか、しかも電話でしか預ける連絡を受け付けてくれないので)、最近は「あぁ、◯◯さんですね、いつもありがとうございます」というように挨拶してくれるようになった。
 
5.家事の力の抜きどころがわかったこと
見える家事から見えない家事、家の中は家事だらけだ。育児の合間にストレスなく家事を行うために、家事の手の抜きどころがわかってきた。
お風呂やトイレ、換気フィルターなどの重点掃除をやろうとするなら、息子の抵抗を受けることになる。長時間親の姿が見えなくなると泣き叫ぶし、お風呂で遊んでるのかと勘違いして突撃してくる。
席を立ったついでにちょこっと掃除をする、お風呂を出る前に湯垢を拭き取る、トイレを出るときに便器の掃除をする、寝る前にダイニングテーブルの上を片付ける、洗面所を使ったら蛇口をゲキ落ち君でこする、などなど。
時間をかけて綺麗にするのではなく、普段は最低限の掃除機がけやるようにして、残りは手の空いた隙にといった感じ。

専業主夫志望の男が育休取得率の発表について思うこと

www3.nhk.or.jp

 

2016年度の男性の育休取得率が発表されましたね。

3%って!

 

しかも8割が1ヶ月未満って少なすぎやしませんかね…

取得期間別の割合もこの際出して欲しいところ。

 

世の中のお父さんたちはそれで満足なのだろうか?

2ヶ月目、3ヶ月目と子どもはどんどん成長して、

1ヶ月目とは全然違う発見や驚きがあるよー。

 

もちろん夫婦によってはお母さんが専業主婦でお父さんの手を必要としないとか、

お給料が目減りするから休めないとか、2人で一日中家にいると息がつまるとか、

色々事情があるとは思うけれども。

 

けれどもスタートダッシュをしっかり切ることができれば、

この先長い夫婦生活を気持ちよく続けられるようになると思うし、

お母さんも前向きに2人目以降を考えられるようになると思う。

もちろん育児や家事の楽しさ、子どもと触れ合うことの幸せを味わえるよ。

 

育休を取りたかったけど取れなかった人の割合も気になるなー。

取りたい人が取りたい期間を取らせてあげられるようになって欲しいです。

 

専業主夫志望の男が市役所で保育園の利用申請手続きについて再確認してきた話を振り返る

去年の今頃、市役所で認可保育園の入園申請について確認してきた内容を振り返ってみます。

 

●1歳になる前に保育園の利用申請しないといけない

0歳3月入園の手続きは、1月中旬〜2月中旬で行う。結果がわかるのは2月下旬。

1歳4月入園の手続きは、11月に行う。結果がわかるのは翌年1月下旬。

 
3月入園の手続きよりも4月入園の手続きが先に来るので、意識的に情報収集をしないと申請期間が過ぎてしまうので注意!
共働き世帯の場合、就労証明証を会社から取得する必要があり、証明日から3ヶ月のみ有効なため、無効となる期間に注意!
利用申請する認可保育園へは必ず見学を行っておくこと!
 
●育休延長の場合は認可保育園の入園保留通知書を会社に届け出ないといけない
会社へ提出する必要のある書類、ハローワークへ提出する必要のある書類は別。
会社へは育休を延長するために、入園保留通知書と育休期間変更申請書を提出。
ハローワークへは育休給付金の受取期間を延長するために、入園申込書と入園保留通知書の原本を提出。
 
手続き的なところは以上です。
保育園の見学で見ておきたいポイントなど手続き以外の部分は
また別の時にまとめようと思います。

専業主夫志望の男が育児ストレスについて想うこと

専業主夫の先輩(勝手に言ってしまってすみません)の河内さんのブログ、

いつも面白くて笑いながら読んでるんですけど、この記事は主夫になってからずーっと考えていたことだったので、とても共感してしまいました。

 

92-output.hatenablog.com

 

好きで子育てしてるんだからストレスが溜まるなんて!

育休中のくせに育児ストレスを発散させるために子供預けるなんて!

とまぁ色々と言われるかもしれませんね、この手の話題は…

 

実際に仕事と比較してみると、よくわからない指示を出す上司や無茶振りしてくるお客さんに対して家に帰ってパートナーに愚痴ったりカラオケで叫んで発散することはできても、子供について愚痴るのは後ろめたい気持ちがすごくあるので難しいですよね。

 

ご飯を食べ散らかす、ご飯の好き嫌いが激しい、おもちゃを投げる・しまわない、トイレもゆっくりさせてくれない、掃除機の後を延々とついてくる、ご飯作り出すと怒る、洗濯物干したいのに昼寝始めちゃった、などなど本当に育児していると思い通りにならないことがたくさん。

 

 

1日の中で少しでもホッとできる時間、自分と向き合える時間、好きな曲を聞いたり本を読んだりする時間をうまく作れるようになると、また新鮮な気持ちで子供と向き合えるようになるかなと思いました。